「市民と野党の共同をすすめる6区の会」(略称 6区市民の会)設立総会

 7月29日,旭川市民文化会館で,「6区市民の会」の設立総会がありました。民進党,共産党,社民党,新社会党,緑の党の5党から,ご挨拶しました。

 詳しくは「メディアあさひかわ」と「北海道経済」に載っています。以下は,社民党を代表した私の挨拶です。

 こんにちは,社民党の豊巻絹子です。

 もり・かけ問題に安倍おろしと,山口敬之氏のレイプ逮捕逃し事件を合わせて,「もり・やま・かけ・あべおろしそば」というふうに,追究すべき課題が増え続けて,います。

 北朝鮮のミサイルについて,小泉政権のときのように,アメリカとの間を仲介するなど,外交努力を政府に求めます。

 アイヌ遺骨問題などについては,世界の人権文書に沿って,先住民族の自決権を保障する形で,解決が図られるべきと考えます。望まれれば,謝罪と補償があるのがよいと考えます。その際歴史に正しく向き合い,歴史修正主義の誤解を招かないことが重要と考えます。

 少し前に,62人の個人が世界の低所得下半分の36億人の資産と同じ額の資産を持っていると報じられてショックでしたが,最新は,8人になりました。この状況をよしとする人はいないでしょう。

 日本は,国連から,貧困とジェンダーに関して問題が深刻だと指摘されています。SDGS(持続可能な世界のための目標)について,岸田外務大臣は,国連で演説し,1100億円の支援を申し出ました。一方で安倍政権は,社会保障費を1300億円削減すると報じられています。まず,社会保障費の削減を撤回すべきです。

 大学授業料を無償にするには,3.1兆円,全国の学校給食を無償にする予算は,4300億円と言われています。内部留保約400兆円に1%課税するだけで,4兆円の増収が見込め,合わせてもおつりがきます。1億円を超えると所得税の税率が下がるなど,問題の多い所得税等を80年代に戻すだけで,7兆円の増収が見込めるとも聞きます。

 社民党は,税制の累進を強化などして税収を増やし,社会保障を充実させ,脱原発に舵を切って,日本国憲法の下で、戦争法と共謀罪を廃案にし,明るい未来,ともに生きる社会をめざします。

 昨年の参議院選挙,直近の仙台市長選挙の結果からも,野党共闘の意義は明らかです。野党は手を携えて,小異を捨てて,大同団結すべきと思います。その際,北海道比例区もぜひよろしくお願いしたいと思います。

共有する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。